【インタビュー】細井唯さん (チェロ奏者)



水曜日のクラシック、細井唯、チェロ




こんにちは。「水曜日のクラシック」代表の五十嵐紅です。


今回は水曜日のクラシックvol.20『雨の季節に聴く。』(→リンク)に出演する、チェロ奏者の細井唯(ほそいゆい)さんにインタビュー。代表の五十嵐とは大学の同級生、もう何度も共演しています。口数の少ない彼ですが、急にふざけたりお茶目な一面があります。今回は改めて使用楽器や、好きな音楽、趣味などを伺いました。


---チェロを始めたきっかけは何ですか?


5歳からチェロを始めました。両親とも楽器をやっていないけど、幼稚園の近くのチェロ教室の先生がコンサートをしててやりたいなって思った。


---音高出身だけどその頃からプロを目指してたんですか?


いや、音高が一番楽に公立高校に入れたから受験した。()


---使用楽器を教えてください。


ヒヤシンス・ベルトラッツィ(ドイツ製?・1948年製)
高1の頃から使ってる。


弓:ブラジル産のアルコス

下:スピロコア
上:ヴェルサム


---チェロの好きなとこ


音域が好き。


---室内楽でも多く活動してますが、どういうところが楽しいですか?


責任感も出てくるし、あと遊べるから楽しい。



---好きな作曲家は誰ですか?


J.S.バッハ、ヘンデル、プーランク。

J.S バッハ
曲:なんでも

ヘンデル
ヴァイオリン・ソナタ(何でも)

プーランク
チェロ・ソナタ
人間味あふれる所が好き。


---好きな演奏家は誰ですか?


アリス・紗良・オットー
セリーヌ・モワレ
リサ・ヴァティアシヴィリ

演奏も好きだし、美人だから。()
あとはカザルス。開拓者として好きです。


---日頃どれくらい練習しますか?


日によるけど、長くて2時間。長いと疲れる。



《おまけ》

---趣味は何ですか?


近所をドライブすること。
映画鑑賞(洋画が多い。最近はボーダーラインが面白かった。)
飲酒(ワインが好き、ほぼ毎日飲んでいる)


---クラシック以外で好きな音楽のジャンルは何ですか?


ジプシー・キングス、aviciiなど。クラシックより洋楽聴く


---好きな食べ物は何ですか?


ラーメン(家系)週一、メキシコ料理(シンプルだから)



---今後やりたいことって何ですか?


フランス留学。フランスの作曲家、奏者がフランス人が優秀。
最近だとフルーノ・フィリッペが好き。ドイツ人みたいに真面目過ぎない・


---音楽を練習する上で何を大事にしていますか。


音源を重要にしない、影響受けすぎるので。同じように人の言うこと、先生の言うことを気にし過ぎない。
楽譜をよく読んで自分の感性を大事にするのがいいと思う。


---この編成の面白さってどういう所だと思いますか?


アコースティックな響きがチェロとギターで作ってるけどオーボエが芯を持って、他の弦楽トリオと違って印象付きやすいと思う。


---今回のプログラムの中で一番楽しみなものは何ですか?


テレマン。バロックの時代が好きだから。


2018年6月6日

--------------


細井唯/チェロ


東京音楽大学弦楽科を首席で卒業。在学中に給費奨学金を得る。卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。第54回鎌倉学生音楽コンクールチェロ部門第1位及び野村光一賞受賞。2016年宗次ホール弦楽四重奏コンクール聴衆賞受賞。プロジェクトQ、JTが育てるアンサンブルシリーズ、北九州国際音楽祭等に出演。アレクサンダー・ヒュルスホフ、ウェン=シン・ヤン、ダヴィド・ゲリンガス、グスタフ・リヴィニウス、中木健二、フランソワ・サルク各氏のマスタークラスを受講。


------------



『バロック音楽と静謐な音楽』

水曜日のクラシック vol.20
《雨の季節に聴く。》


6月といえば、梅雨の季節。
バロック音楽を中心に、
雨にぴったりの音楽を選びました。
たくさんのご来場お待ちしております。

2018613()
19:00-20:00(18:30open)
会場:hall60(原宿駅表参道口より徒歩6)


チケット(前売)
一般 3,000/ペア 5,500

ネット購入(さらにお得です!)


出演者
副田真之介-オーボエ
細井唯-チェロ
五十嵐紅-クラシックギター
.
プログラム
A.マルチェロ:オーボエ協奏曲
J.Sバッハ:コラールBWV639
宮沢賢治:星めぐりの歌
ほか