コンサートを終えて『雨の季節に聴く。』(18.6.13)



水曜日のクラシック 副田真之介 細井唯 五十嵐紅



水曜日のクラシック 副田真之介 細井唯 五十嵐紅

(写真撮影:飛田悠里)

先日は水曜日のクラシックvol.20「雨の季節に聴く。」へのたくさんのご来場ありがとうございました。ゲストはオーボエ奏者の副田真之介さん、チェロ奏者の細井唯さんでした。代表の五十嵐とは出身大学が同じ(東京音楽大学)ご縁で、2年前にこのトリオでコンサートをしました。副田さんは水曜日のクラシックvol.1の出演者ということで、20回の節目に再出演いただきました。


プログラムはバロック音楽を中心に選曲しました。とつとつとした響きが雨にぴったり・・・と思いきや、当日はなんと晴天。最後まで雨は降りませんでした。これは出演者が晴れ男だということで一致しました。


《リハーサル音源まとめ》
https://suicla.blogspot.com/2018/06/vol20.html


《コンサート告知ページ》
https://suicla.blogspot.com/2018/05/vol20-18613.html


《今回のプログラム》



《お客様からのご感想》

・この編成とホールがぴったりだった

・聴いたことのない編成だったが楽しめた

小ぶりなホールで、演奏者の息遣いが聞こえそうな空間で生の演奏を聴く、しみじみとした贅沢な時間でした。


--------------------
出演者より感想・ご挨拶。


水曜日のクラシック 五十嵐紅

五十嵐 紅(クラシックギター)

みなさま、今回もたくさんのご来場ありがとうございました。2年ぶりのこのトリオ、それぞれが成長してこのように演奏会を開けたこと、とても嬉しく思います。バロック音楽が中心のプログラムでしたが、それぞれ意見を出し合って音楽を作れるというのは幸せだなあと思います。これからまた聴いていただける際はより進化したこの3人を聴いていただきたいです。

---------------


水曜日のクラシック 副田真之介,

副田真之介(オーボエ)

オーボエ、チェロ、ギターのコンサートは、この「水曜日のクラシック」が始まる前に一度、同じメンバーで実験的に行われましたが、僕の未熟さもあり、たくさんの反省がありました。今回は満を持して挑んだコンサートとなりましたが、確かな充実感、満足感を味わうことができました。お客様にもそれが伝わったのではないでしょうか!水曜日のクラシックはこれからたくさん回を重ねていくでしょうが、次回はさらにパワーアップした3人の音楽をお届けできたらなと思います。

【インタビュー】副田真之介さん(オーボエ奏者)
https://suicla.blogspot.com/2018/06/blog-post.html


-------


水曜日のクラシック 細井唯


細井 唯(チェロ)


なかなか聴く機会も弾く機会もないオーボエ、クラシックギター、チェロによるアンサンブル。各々のキャラクターは違えど音のバランスやアンサンブルのし易さは、かなり良いと思う。今回は雨をテーマにバロック音楽を中心に落ち着いた響きを感じられるプログラムで、弾いている方としても空間の大きさを感じながら心地よく弾けました。同じ編成でロマンティックな楽曲、ジャズといった作品を取り上げても面白いかもしれない。

【インタビュー】細井唯さん(チェロ奏者)
https://suicla.blogspot.com/2018/06/5-1948-j.html


------------
水曜日のクラシック MIZUcafe



おかげさまで水曜日のクラシックは20回を迎えました。今後ともよろしくお願い致します。

タイアップのMIZUcafeさまよりサプライズ。嬉しいですね。

水曜日のクラシック 細井唯 副田真之介 五十嵐紅


----------
次回の水曜日のクラシック

水曜日のクラシックvol.21
『初夏に聴く、ラテン音楽』

夏にはもっと熱い夜を過ごそう。激しさ・熱を感じるラテン音楽を中心に、演奏会を行います。

チェロ:黒川実咲
クラシックギター:五十嵐紅

2018年7月11日(水) 19:00-20:00
hall60 (原宿駅より徒歩)

プログラム:
ファリャ:スペインの7つの民謡
ヴィラ・ロボス:ブラジル風バッハより
ピアソラ:アヴェ・マリア

ほか

詳細


------------------------


《オーダーメイド・コンサートのご提案》

出演者によるお客様へのおもてなし、パーティやお誕生日会など、ご要望に沿って企画・ご提案いたします。お気軽にお問い合わせください。