【インタビュー】 篠原 拓也さん(オーボエ奏者)





水曜日のクラシックvol.18『花好きの作曲家たち』(→リンク)に出演する、オーボエ奏者の篠原 拓也(しのはらたくや)さんにインタビュー。先日静岡交響楽団のオーボエ奏者に就任したほか、ファミリーマート変奏曲で話題となった「アンサンブル・メガネ」など活動の幅を広げる演奏家です。僕(五十嵐)とは大学の先輩・後輩の関係で、デュオでも活動しています。



------オーボエをはじめたのは何歳ですか?



中学一年生です。



------きっかけはなんですか?



吹奏楽部への入部がきっかけです。もともとピアノを習っていて、音楽が好きでした。小学生の頃から仲の良かった親友がオーボエの良さを語ってくれて、「オーボエっていいかも」と思い、入部して第一希望をオーボエにしました。ちなみにオーボエ好きの親友はクラリネット担当になりました。今でも仲良しです。(笑)


------辞めようと思ったことはありますか?


あります。大学を卒業してからすぐ、漠然と。身体的な不調から、続けられるか不安になりました。


------なぜ続けようと思ったのですか??


その時期にむしろ伸びたからです。悩んだり模索したりが、結果的に良かったんだと思います。


------1日どのくらい練習しますか?


大事な本番前だと8時間くらい、普段は大体2時間くらい。それに加えて、リードを削ったり、スコアを見たり、勉強する時間があります。タンギングが多い曲を練習しすぎると舌から出血することもあります・・・。


------尊敬する演奏家はいらっしゃいますか?


何と言っても自分の師匠のオーボエ奏者宮本文昭さん。オーボエという楽器を超えて音楽家なところがすごい。

ピアニストのクリスティアン・ツィメルマンも好きです。彼の楽譜・演奏へのストイックさがすごい・・・。彼の音楽は本気すぎて聴いてて疲れるんですが(笑)、圧倒されて本当に好きです。


------今使っている楽器はなんですか?


フランス製のマリゴ910です。リード材はアリオード、チューブは匠を使っています。




------その楽器の良さはなんですか?


最初に部活動で学校にあった楽器が幸運なことにマリゴ901でした。それで吹き続けています。マリゴにしか出せない音があると思っています。


------好きな作曲家は誰ですか?


べートーベン。


------音楽以外の趣味はなんですか?


滝めぐりですね(笑) 最近一番良かったのは岐阜県のからたに滝で柱状節理が美しかったです。わざわざ滝を見に行くくらい好きで、いつかエンジェルフォールとか行きたいです。


------仕事の上で何を大切にしていますか?


準備はなるべくしっかりやって、本番の演奏は楽しく吹くこと。



------これからの夢はどんなことですか?


たくさんのオーケストラ曲を経験したいです!


○おまけ○

------好きな食べ物はなんですか?



アップルパイ。りんごじゃなくて、アップルパイ。(笑) あとリゾットが好きです。なるべくシンプルなやつ。


------クラシック以外の好きな音楽はありますか?


坂本龍一さん、YMO、コンピュータ音楽やシンセサイザーも好き。X JAPANも好きです。


2018.4.18
インタビュー 五十嵐紅



『彼の音に、華やぐ』 ヘス:ラベンダーの咲く庭で 篠原拓也/#オーボエ 五十嵐紅/#クラシックギター 映画「ラベンダーの咲く庭で」テーマ。海岸に打ち上げられたヴァイオリニストを看病するうちに、忘れていた恋心が生まれていく初老の姉妹の物語。映画もおすすめです。



-------------------------

篠原 拓也/オーボエ奏者  Takuya Shinohara -Oboe

東京音楽大学音楽学部を首席で卒業。在学中、特待奨学生に選ばれる。2011年、第9回東京音楽コンクール木管部門第2位。2016年、第22回シュガーホールオーディションにてオーボエ初となるグランプリを受賞。これまでに小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクトⅡ、オペラプロジェクトⅩⅡ、XIII、XⅣ、オペラ「Four Nights of Dream」ニューヨーク公演及び日本初演などに参加。日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団等と共演。オーボエを姫野徹、荒絵理子、宮本文昭の各氏に師事。現在、静岡交響楽団オーボエ奏者。



-------------------------





 春の原宿に、花香るコンサート -


水曜日のクラシック vol.17
《花好きな作曲家たち》


「花」と名のつくクラシック音楽をセレクト。
花を好きな音楽家は今も昔もたくさん存在し、たくさんの曲を残しました。彼らが愛した花と音楽を国・時代を超えて、お楽しみください。演奏は春らしくフルート・オーボエ・ギターによる3つの楽器でお届け致します。

2018年4月11日(水)
19:00-20:00(18:30open)
会場:hall60(原宿駅表参道口より徒歩6分)


チケット(前売)
一般 3,000円/ペア 5,500円
ネット購入(少しお得です!)


○出演者
岩崎花保-フルート
篠原拓也-オーボエ
五十嵐紅-クラシックギター


○プログラム
ランゲ:花の歌
横尾幸弘:さくらの主題による変奏曲
アイルランド民謡:庭の千草 
ケーラー:花のワルツ ほか



《オーダーメイド・コンサートのご提案》

出演者によるお客様へのおもてなし、パーティやお誕生日会など、ご要望に沿って企画・ご提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

070-6432-7980
info@koh-guitar.com